人間ドックを受けてみた~意外と速くて簡単で楽だった@赤坂

会社を辞めてフリーランスになって十数年。その間、まったく健康診断を受けてないので、少し心配になり、人間ドックを受けてみました。

いろいろ大変そうなイメージがありましたが、意外と速くて簡単で楽でした。

  • 人間ドックを受けられる病院や検査項目を、ネットで簡単に検索できる
  • 前日の食事制限と当日の下剤は、そこそこツライ
  • 胃カメラと大腸カメラは、鎮静剤が投与され、半分眠ってる間に楽々と終了
  • 当日の検査は、全て含めて2時間で終了(かなり空いてたからだと思う)
  • 医師や看護師さんたちが、サクサク検査しながら、わりと親切で丁寧

という感じでした(私の場合の感想)。

1.人間ドックの病院の検索は、ここがおすすめ

人間ドックを受けられる病院の検索サイトは、意外と沢山あったのですが、今のところ(2016年10月時点)の私の個人的な感想では、リクルートとマーソ(MRSO)のサイトが、登録されてる病院やコースの数などが多く、検査項目や検査日による絞り込み検索がしやすかったのと、他のサイトにはない割安のコースが掲載してたのとで、おススメです。

私は、赤坂桜十字クリニックというところにしました。

※検査項目等はマーソの各クリニックの各コースごとに細かくわかります⇒ 赤坂桜十字クリニックの各コース

2.検査項目の選択は、自分に合ったものを

人間ドックのここカラダ サイトで見ると、いろんな検査項目がありますが、主に以下のものが目に付きました(他にも項目があります)。

大項目 主な検査項目(男性)
基本検査 法定健診
特定健康診断
血液検査 梅毒検査
肝炎検査
腫瘍マーカー検査
アレルギー検査
呼気検査 スパイロメーター
循環器関連検査 心電図検査
画像診断 胸部単純X線撮影
造影X線撮影(胃バリウム)
胸部CT検査/腹部CT検査
PET検査
超音波(エコー)検査
頭部MRI検査/頭部MRA
内視鏡検査 胃内視鏡検査(胃カメラ)
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
その他検査 便潜血検査

太字が、私が受けた検査

基本検査は、身長・体重、血圧、尿検査、血液検査、視力・聴力など、普通の健康診断のもので、人間ドックだと、これが含まれるようです。

検査項目選びは、自分が気になるものを中心に選ぶのが基本と言えるでしょう。以下は、私の検査項目の選び方ですが、あくまで私に合ったものを選んだだけで、年齢、性別、健康状態、予算、気になる部分や検査方法の好き嫌いなど、人それぞれで違ってくると思います。

血液検査で選択した検査項目

血液検査は、梅毒検査と肝炎検査がセットに含まれることが多いようです。

腫瘍マーカー検査では、前立腺がんを除いて、がんでも正常値になることが多く、がんの早期発見ができるわけではなく、逆にがんでないのに異常値が出ることもあるらしく、余計な心配をしてしまうことも多いらしいです。⇒ 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?

なので、私は不要だと思ったのですが、最終的に選んだ病院のコースにセットとして含まれてたので、検査しました。

胃腸のがんの早期発見に適した検査は…

一番、大きな選択のしどころは、胃と大腸の検査だと思います。CTかPETか、それらを組み合わせたPET-CTか、それとも胃カメラ・大腸カメラか…。そこで、ネットで検索してると、CTやPETの検査を入れると高額な上に、早期がんの発見に必ずしも向かないらしいと書いてるところを見つけました。⇒ PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?

というわけで、なるべく節約はしたい私は、ちょっと勇気が必要ですが、胃カメラ・大腸カメラを選ぶことにしました。

ちなみに、一般的な健康診断でよくやるバリウム検査は、私も会社時代に何度も受けたことがありましたが、これは最近、ヤバいという意見が多く出てるので、最初に選択肢から外しました。⇒ 現役医師がホンネで勧める「胃の検査」

あと、腹部超音波検査(エコー検査)も、選んだコースにセットだったので受けました。

オプションで追加した検査

最近、トイレが近いのが気になって、前立腺肥大か前立腺がんの疑いがあると思って、前立腺エコー検査を追加しました。結果的には疑いは晴れました。ためしてガッテンで、頻尿には別の理由もあると言ってましたね。⇒ 快尿!おしっこトラブル 全部解決の5秒ワザ

それと、花粉症なので、他のアレルギーがないか気になって、ダニとハウスダストのアレルギー検査(血液検査)も追加しました。

頭部MRI検査や頭部MRAなどの脳の検査(脳ドック)は、私は特に不安がないので受けませんでした。これも必要説と不要説があるようです。私は、脳ドックについてあまり詳しく調べてないですが、頭痛やめまいが激しいなど不安がある人は、検討してみるのも良いと思います。

3.人間ドック前日の食事制限~腹へる

自分が求める検査項目と、病院側が提供するコースの検査項目や空いてる日などを、すり合わせて、都内のクリニックにネットで申し込むと、翌日、クリニックから電話がかかってきて、検査4日前に、人間ドックのガイドブック、案内状、問診票3種、内視鏡検査の同意書、検査前日の食事、検尿セット、下剤などが送られてきました。

人間ドック前日送付物

人間ドック前日送付物

人間ドック書類

人間ドック書類

検査前日の朝食

人間ドック前日の朝食は、「消化に良いものをおとりください」「繊維の多いもの、消化の悪いものは避けてください」と書いてるので、うどんに卵をのせて食べました。私は、当日の検査が午後3時からだったので、朝から検査の人は違うメニューになるかもしれません。

検査前日の昼食

昼食は、送られて来たクラッカーとレトルトのクリームシチューだけの食事です。すごく美味しかったけど、ごく少量です。お腹がすきます。

人間ドック前日の昼食

人間ドック前日の昼食

検査前日の夕食

夕食も、送られて来たレトルトの鳥雑炊と鳥のそぼろ煮だけの食事です。今までの人生で最も美味いレトルト食品だと思うけど、とにかく少量!そして、午後8時までに食事を済ませ、あとは一切食べてはいけません。お腹がすきます。我慢です。

人間ドック前日の夕食

人間ドック前日の夕食

4.お腹の中を空にする作業は、少々つらい

当日の朝、排便があるように、前夜、寝る前に、ラキソベロンと呼ばれる下剤を飲み、そして、当日の朝は、それとは別に、ニフレックという下剤を飲みました。

そこからが、人間ドックで一番、ツライ時間でした。と言っても、そんなに大したことはないんだけど、ニフレックを水に溶かした液を2リットル飲まなきゃいけないのです。

人間ドック用の下剤

人間ドック用の下剤

コップ1杯約180ccあたり10~15分間かけて飲みます。味は、まずいスポーツドリンクみたいな感じです。1リットル飲んだところで最初の排便があると書いてましたが、その通りになりました。

その後、何度も排便があり、そのたびに、どんどん液体化&無色化していき、最後は、ほとんど水みたいなものを排出します。その頃、まだ1.7リットルしか飲んでなかったのですが、気持ち悪くなったので、それ以上、飲むのはやめました。

5.人間ドック本番は、意外と簡単で速くて楽

私が受診した赤坂桜十字クリニックは、地下鉄赤坂見附駅からすぐ近くにあり、断食でややフラフラの体には助かります。(アクセス

前日や当日朝に比べれば、人間ドック本番は、ほとんど何の苦労もありませんでした。

受付の方は、とても綺麗で親切・丁寧に説明して下さいましたし、検診の医師や看護師の方々も丁寧かつテキパキ・サクサクと検査を進めて頂きました。

医師による説明&問診&血圧測定 ⇒ 胸部X線検査 ⇒ 身長・体重・視力・聴力・眼底検査 ⇒ 採血 ⇒ スパイロメーター(肺活量などを測定)⇒ 心電図検査 ⇒ 腹部&前立腺エコー検査

と、あっと言う間に次から次へと検査が終わり、すぐに、今度は、胃カメラ&大腸カメラ。

それも、口からと点滴からと鎮静剤を入れ、意識がぼんやりする中で、30分程度で終わりました。鎮静剤を使う場合と使わない場合があるようですが、おそらく全然違うのでしょうね。

その後、医師から当日の検査結果に関する説明があり終了です。私の時は、全部で2時間でした。健診・人間ドック専門のクリニックということで、人間ドックが効率的に行えるようですね。当然、待合室等にすぐ治療が必要な病人の方はいないし、隅から隅まで清潔感もあります。

私にとって人生最初の人間ドック受診だったので、個人的な感想となってしまいますが、私が受診したクリニックは、オススメです。⇒ 赤坂桜十字クリニック

胃カメラや大腸カメラの検査の時に、疑わしい細胞を採取して検査したり、小さいポリープなどを切除する手術があれば、時間と結構なお金がかかるようですが、ラッキーなことにそれもありませんでした。

ダメモトで、胃カメラや大腸カメラの写真をくれないかと聞いたら、CD-Rの代金1,000円払えば、もらえるとのことで、約70枚ほどの写真をもらってきました。

下剤の効果は絶大なのか、大腸の中は、固体のものは何一つ残っておらず、肌色のヒダばかりの綺麗なものでした。医師によると、ストレスのものと思われる少し軽い炎症があるけど、問題ないとのこと。そのストレスって、人間ドックそのものなんじゃないかと、ふと思いました。

人間ドック終了後は、鎮静剤が残ってるのと、空腹なのとで、フラフラしながら、帰宅しました。でも、お腹を一度、スッキリさせた効果か、イヤな気分ではありません。

6.検査結果待ちです

胃カメラ・大腸カメラなど、当日すぐわかる検査結果については、当日の最後に説明を受けましたが、血液検査や尿検査の結果は、すぐにはわかりません。1~2週間ほどしたら、検査結果が郵送されてくるようなので、待っているところです。ドキドキ。

⇒2週間ちょっとで、検査結果が送られてきました。

2週間ほど前に受けた人間ドックの診断結果の報告書が、赤坂桜十字クリニックから郵送されてきました。 1.診断結果の報告書の内容 報告書は、...

※当サイトの情報を利用されて生じたいかなる損害に関して、当方は何ら責任を負うものではありません。人間ドックの検査項目の適切な選択や適性には、年齢、性別、ライフスタイル、体質、病歴などによる個人差が大きいと思われますので、人間ドックを受診する際には、自己責任のもと、十分にご検討下さい。

少し前に、金属アレルギーの検査も受けてました。

「こんな症状って、金属アレルギーなんじゃないの?」 最近、そう思い始めたことがありました。 腕時計をしてると、肌がかぶれる。 ベ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする