自分探し一覧

積極的な仕事探しは、仕事を寝て待つよりも逆に難しい?

他人だより運だよりの「求められる転職」より、自分から積極的に「求める転職」の方が難しい問題があります。業界や会社の外から実際の仕事内容はわからない、実際に3年やってみないとわからない、「好き」と「憧れ」は違う、自分の能力が実際に社会で通用するかどうかわからない、理想の仕事や会社が将来もあるとは限らない等の理由からです。

実は、こんなに多い「天から降って来る」転職

転職活動というと非常に大変なイメージですが、日本の会社の転職募集の3分の1が、知人・友人の紹介やスカウトによるものです。転職には、自分から「求める転職」と、会社から「求められる転職」があり、天から棚ぼたのように降って来る転職が、求人の3分の1を占めてるのです。「求められる転職」は運まかせ、他人まかせだけではありません。

「本当の自分」を見つけるには、どこを見ればよいか

車の運転中に「本当の車探し」をやってたら、どうなるでしょうか?「車の本質は、ハンドルにある!」と思い込み、ハンドルばかりを見つめていたら、どうなるでしょうか?ハンドルは「車の一部」であって、「本当の車」でも「車の本質」でもありません。「車の本質」は、「車の外」あるいは「車と世界の間」「車と社会の間」にあります。

「自分探し」に成功するポイント

「本当の自分」がある、と思ってる人が多いのではないでしょうか?「本当の自分」を出せずに、今の自分は「ニセの自分」や「仮の自分」の状態にあるとか、「本当の自分」に素直になったり、「本当の自分」を実現したりすることが、良いことだと思う人も多いでしょう。しかし、それは、逆立ちした考え方なんです。